ネットワークビジネス基礎知識 | 在宅OK!インターネットで集客できるネットワークビジネス

ネットワークビジネス 基礎知識

  • HOME
  • ネットワークビジネス基礎知識
  • 完全在宅ネットワークビジネスとは
  • インターネットで集客するメリット
  • よくあるご質問

目次

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは、紹介したダウンラインのネットワークを作っていくビジネスという意味の和製英語で、NB(Network Business)と略して書かれることもあります。いわゆるマルチレベルマーケティング(MLM、Multi-level marketing)というビジネス形態のことです。
マルチレベルマーケティングは米国で始まり、1960年代から米国大手MLM企業が日本に参入したことで、急速にネットワークビジネスの市場が形成されました。

Page Top

MLM主催会社には国内企業と外資系企業がある

  • MLM主催会社には国内企業と外資系企業がある

ネットワークビジネスの主催会社選びで、国内の企業か外資系の企業のどちらを選ぶのがよいか、悩まれるかもしれません。どちらを選ばれても商品購入やビジネス活動はさほど変わりありませんので、国産製品が好きか外国製品が好きかで、お好きな方を選ばれると良いです。

ただし、外資系で日本国内で販売していない企業の場合は、外国から個人輸入による取り寄せになりますので、その場合の商品の取扱いは、一般的な個人輸入の法律などに従った扱いになります。
個人輸入の場合は、基本的に商品に関するトラブルがあっても自己責任になりますので、気になる方は企業や製品の評判をチェックしておきましょう。

ちなみに、個人輸入の場合は、購入額によっては関税がかかり、注文してから商品が届くまでに4日~1か月かかることがあります。購入方法は、関税を宅配業者に現金払いする以外は国内の通販と同じと考えていただけば大丈夫です。

Page Top

ネットワークビジネスで扱う商品

  • ネットワークビジネスで扱う商品

サプリメントなどの健康食品や健康器具、化粧品、他には通信機器関係を商材とするネットワークビジネスもあります。
商材には、比較的単価が安いリピート性のある商品、高価な耐久消費材のような一回限り購入するだけの商品など様々です。
一回限りの高額商品のネットワークビジネスでは、一気に大きく稼げる可能性がありますが、一発屋で終わってしまう可能性も大きく、ビジネスは長続きしないと考えたほうがいいです。
しかし、価格が安くてもリピート性のある商品を扱うネットワークビジネスでは、
息の長いビジネスができます。

Page Top

ネットワークビジネスの流通システムの特徴

【商品の愛用者が口コミにより広げる流通システム】
企業が宣伝広告費を掛けないかわりに、会員に報酬として還元するシステムで、口コミで製品を流通させた人に対して、製品の流通量に応じた報酬をいただけるビジネスモデルです。

Page Top

ネットワークビジネスの報酬プラン

「バイナリー」「ユニレベル」などがあり、それぞれに効率よく報酬をいただくための理想的なダウン組織の構築の仕方があります。
戦略として、伸ばしたいダウンラインに肩入れすることはできますが、しかし、実際にはなかなかダウンが出来ないダウンさんがいたりするので、理想通りにはいきません。

極論を言えば、ネットワークビジネスで成功するには、どんな報酬プランのネットワークビジネスに参加するかよりも、あなた自身がダウン組織を増やせるか否かにかかってきます。

Page Top

ネットワークビジネスでアメリカンドリームを実現

  • MLM主催会社には国内企業と外資系企業がある

やり方によっては大きく稼ぐことができるようになる報酬プランのお陰で、サラリーマンでは得られない収入を得ることも可能なネットワークビジネス。

ダウン組織が大きくなっていくに従い収入は倍増していくのが魅力です。
頑張れば頑張っただけ結果に応じて収入が増える権利収入のビジネスモデルです。

やればやっただけ収入が増えていくので、やりがいがあるビジネスです。
一般人でも少ない投資額で巨万の富を得ることができる可能性があるため多くの人が夢を持ってチャレンジしています。

Page Top

「販売型」と「購買型」のタイプのネットワークビジネスがある

「販売型」は、仕入れ価格で商品を買い、商品在庫を持って販売するタイプのネットワークビジネス
「購買型」は、自分の愛用分の商品を購入して、人に愛用分の商品購入をすすめるだけのタイプのネットワークビジネス

比較的短期間で成功者と呼ばれる人を排出するネットワークビジネスは「販売型」が多く、商品を売ることができれば報酬額は多くなりますが、商品が売れなければ大量の在庫を抱えることになります。
そのため、「販売型」のネットワークビジネスでは、しばしば強引な勧誘や無理やりにローンを組ませたりという問題を起こすこともあります。
一方、「購買型」のネットワークビジネスは、リピート収入によるものなので、「販売型」に比べると短期間に爆発的に稼げるビジネスタイプではありませんが、無理なくコツコツと続けることができ、息の長いビジネスができます。

Page Top

ネットワークビジネスは合法なビジネス

ネットワークビジネスは「特定商取引法」で連鎖販売取引と定められる合法なビジネスです。
法律を遵守して真面目な活動をする限り、堂々と胸を張ってできる立派なビジネスなのです。

Page Top

口コミによる勧誘が一般的な集客方法

ネットワークビジネスで成功するために、もっとも重要なのはリクルート活動です。(スポンサリング活動とも言います)
勧誘するために、リストアップ、アポ取り、ABCが必要です。

リストアップとは、あなたと今までに関わりのあったほとんど全ての人を書き出していく作業のことです。
学生時代の仲が良かった人から話したこともない同級生やその親、近所の店の店員さんまで思い当たる人を、できるだけたくさん書き出します。

アポ取りとは、リストアップをした人たちを誘い出すためのアプローチです。
通常は電話で連絡をとりますが、製品やビジネスに関する余計なことを話さず、日常的な会話をしながらさりげなく相手の不満に思っていることをリサーチしつつ、ファミリーレストランやホテルのラウンジなどの落ちついた場所で会うことを約束します。

ABCとは
A=アドバイザー(説明役、アップのこと)
B=ブリッジ(橋渡し役、新人のあなた)
C=カスタマー(見込み客、紹介したい人)
の頭文字を取って、ABCと呼ばれる勧誘手法です。
あなたBは紹介したい人Cに対して、あらかじめアップAのことを「すごい人だ」と持ち上げて興味を持たせておくという下準備をしておき、説明の場では、あなたBの代わりにアップAが紹介したい人Cに対して製品の説明や売り込み、ビジネスへの勧誘をして、その間、あなたBは、アップAの話に頷いたりして聞き役に徹するという勧誘手法です。

Page Top

いざ、ネットワークビジネスを始めよう!

ネットワークビジネス選びのポイント

  • 信頼性、歴史がある企業である(倒産の可能性が低い)
  • 自分が愛用できる商品を扱っている(人におすすめできる商品)
  • リピート性がある商材である(毎月コンスタントな報酬がある)
  • ノウハウがありフォロー体制ができているグループへ参加する(集客できなければビジネスにならない)

Page Top

参加する前の注意点

新規立ち上げ、縁故募集には要注意。
ネットワークビジネスのグランドオープン前には、新規立ち上げメンバー募集や、縁故募集による有利な位置に付けるスターティングメンバーの募集があったりします。このような場合、注意しなければならないのは、ビジネス自体が企画倒れに終わったり、資金集めに利用され、連絡が取れなくなってしまう企業も実際に存在することです。
甘すぎる言葉には要注意
美味い話に乗せられて、つい自分にもできそうと勘違いしてしまい、結局、ダウンを作ることができず愛用するだけのカモ状態になる人も多いです。
急成長のMLMには要注意
急成長し過ぎているネットワークビジネスは、一時的に稼げたとしても長続きせず、 早い段階で崩壊しています。

Page Top

ネットワークビジネスを始める時の心構え

ネットワークビジネスは簡単に始められるビジネスですが、個人事業主になるわけですから、稼げるようになるかどうかは頑張った結果次第です。
ネットワークビジネスの報酬は、サラリーマンの給料とは違い、ダウン組織ができるまでは収入がほとんどありません。
いくら稼ぎたいか目標を設定し、稼げるようになるまで、いかにモチベーションを保ち続けられるかが、成功者の仲間入りになるかどうかの分かれ目になります。
ですから、いきなりネットワークビジネスだけで稼ごうとせず、慎重に副業から始めることをおすすめします。

Page Top

ネットワークビジネスの現状、問題点

ネットワークビジネスの世間的なイメージ

過去(1970年頃)に、MLMの仕組みを悪用した「悪徳商法」や「ネズミ講(無限連鎖講)」が横行してそれらはMLMと似た偽物商法の意味で「マルチまがい商法」と呼ばれるようになり、やがてMLMを意味する「マルチ商法」と混同して呼ばれるようになりました。
また、マナーを欠いたネットワーカーたちによって強引な勧誘が社会問題となったことがあり、今でもネットワークビジネスをやっているというだけで、警戒され白い目で見られることも多いのが現状です。

Page Top

ネットワークビジネス関係の被害・苦情

アメリカンドリームに魅せられて始める方が多いネットワークビジネスですが、その裏で、ネットワークビジネスに関係する様々な被害・苦情があります。
タイトル維持のため、在庫品の買い込みにより破産
強引な勧誘や誇大表現に対する苦情、人間関係の崩壊
会社の不祥事、メンバーの違法行為による営業停止処分で、ダウン組織崩壊 など

Page Top

口コミによる勧誘の欠点

  • ネットワークビジネスで扱う商品

普通の人はリストアップの数に限界があり、すぐに人脈が尽きてしまいます。
友人や知人だけにとどまらず、過去に話したこともない同級生を誘うことになり、人間関係を壊す可能性があります。
誘い出すことに成功したとしても、ファミレスやホテルのロビーなどに長時間居
座り、手の込んだABCを演じなければならず面倒です。

Page Top

インターネット集客が禁止のネットワークビジネスがほとんど

かつて、インターネットが普及しだした頃、いち早くネットでの集客に目を付けたあるネットワークビジネスのメンバーによるSNSやネット広告での勧誘や宣伝が横行しました。
これによって、一般のインターネット利用者からの苦情が頻発したため、SNSやネット広告サービスがネットワークビジネスの関係の書き込みを禁止する事態となりました。
そのようなことがあって以来、ネット上の様々なサービスにおいて、ネットワークビジネスの宣伝を禁止しているところが多いのです。

このような事例を受けて、最近では多くのネットワークビジネス企業がインターネットでの勧誘を自主規制するようになっています。
もし、あなたがすでにどこかのネットワークビジネスに参加していて、インターネット集客をしようと考えているのなら、ネットでの集客や宣伝が規制、禁止されていないか、規約を確認してみてください。
違反が見つかった時は、せっかく築き上げたダウン組織が無効になるだけでなく、退会処分になることもあるようですから注意しましょう。

Page Top

ネットワークビジネスの成功者の割合

日本の労働者人口は6,600万人に対し、日本のネットワークビジネス参加会員数は約600万人と言われています。

何をもって「成功者」と言えるのかが問題ですが、1万円~30万円程度の報酬がある人は5%、月100万円以上の報酬がある人の割合は、0.03%と言われています。
逆に言えば、95%の人が生活できるほどネットワークビジネスで稼げていないということです。
ちなみにこの中で、始めたばかりの人や愛用者を含め報酬0円の人たちは約40%と言われています。

ちょっとしたアルバイト代ぐらい稼げている人となるともう少し多くなると思いますが、本当に「ビジネス」と呼べるほどの収入を手にできるのは、数十人に一人というレベルだということです。
成功者になるためには、厳しい競争を勝ち抜くだけの能力が求められるわけです。

口コミのネットワークビジネスでは、伝える能力、ダウン組織を管理する能力、かつ行動力のある人だけが成功できるといっても過言ではありません。
ですから、甘い言葉に誘われて、自分にもできそうと思って参加したもののなかなか勧誘ができなくて、使わない商品が溜まってしまい、結局、やめてしまうことになる方がほとんどなのです。

Page Top

ネットワークビジネスで成功できない一番の原因は「勧誘」

ネットワークビジネスでほとんどの人が「ダウンが出来ない、稼げない、成功できない」と悩む原因は、ほとんどが「勧誘」という口コミによる宣伝方法です。もちろん、ダウンフォローも上手でないとなかなか組織が育ちませんが、根本的には、勧誘の難しさが一番のネックなのです。
そこで、私があなたにお勧めしたいのが、
メルマガ 登録

Information

インターネットで集客できるネットワークビジネス
在宅ビジネスをしたい方、興味のある方朗報です!インターネットを使ったネットワークビジネスで稼ぐ方法、ノウハウをコンサルティング、サポートいたします!
>> メルマガ登録はこちら
>> 資料請求はこちら
>> 個人情報保護法に基づく表記

page top